FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックすると、このブログを多くの人に広めることができます。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ blogram投票ボタン

この記事をTwitterでつぶやくこの記事をTwitterでつぶやくことができます。

これが「民意のうねり」? 「政権交代」後の週末

うp主です。

このたびの選挙結果、マスコミ各位は「民意の劇的なうねり」とか「国民が日本を変えた」とか言っちゃってるんですが、どうもそのように言っているのは新聞記者の良く滑るペン先だけのような気がしてなりません。

そう思わせるのは、有権者の態度です。
うp主はちょうどこの土曜日、夕頃に近場の商店街へ買い物に出かけ、たまたま民主党議員の街頭演説に出くわしました。
土曜日の夕方、23区内、私鉄2線とJRの乗換駅の前で行われた、今回、自民党候補を蹴落として当選した民主党議員氏の、おそらく選挙後初めての演説の様子です。

政治のあり方を変える強い意志・・・?

民意の劇的なうねり・・・?

国民が日本を変えた・・・?


(念のため候補名や顔は伏せてます・・・が修正しきれていない気がしてきた・・・)

お気づきでしょうか?
52%の得票率で勝ったこの議員氏の話に、地元民がほとんど興味を持っていないのです。
うp主が向かいの道路から見ていたのは数分間だけですが、立ち止まって傍らのスタッフに話しかける人が1名、議員氏に手を振る人が2名ほどでした。この向かいの駅から続々と人が出てきましたが、そちらサイドで立ち止まって話を聞く人は、見る限り皆無でした。

「政治のあり方を変える強い意志」とやらを託されたはずの議員の、当選後最初の演説。それこそ新しい政権への期待と不安を払拭するための大事なメッセージであるし、議員氏に投票した有権者にしてみれば彼が自分たちに何を約束してくれるのか、議員氏に投じなかった有権者にとっては、彼の党の不明な点をどう説明してくれるのか、それぞれ耳を傾けるべき理由はあったはずです。

しかし、現実はこれです。
議員氏だけが、まるで日常の光景に紛れ込んだ「政治」という異物のようにぽつりと存在しているのです。行き交う何百の人の52%は、彼に期待して投票した有権者のはずなのに、彼の話を聞こうともしないのです。

このギャップはなんでしょうか?

この議員氏の責任でしょうか?民主党の責任でしょうか?時間が悪かった?場所がよくない?そんな問題でしょうか。
この議員氏を見事勝たせたはずの「民意の劇的なうねり」はどこへ消えてしまったのでしょうか?
「政治を刷新しなければ閉塞(へいそく)状況は打破できない、との国民の切迫感」とやらはどこへ行ってしまったのでしょうか?


もう一つの軸を置いてみましょう。
麻生太郎の話を聞こう、麻生太郎を応援しようと集まった人々と、民主党に投票した人々。
はたしていったい、どちらが切迫感を持って行動していたのでしょうか。


軽快に滑るペン先に任せるまま、革命でも起きたかのように書き立てる彼らは、このギャップをいったいどのように説明するのでしょうか。


↓クリックすると、このブログを多くの人に広めることができます。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ blogram投票ボタン

この記事をTwitterでつぶやくこの記事をTwitterでつぶやくことができます。

● COMMENT FORM ●


トラックバック

http://g0x3rassvet.blog84.fc2.com/tb.php/12-dbc59eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

rassvet

Author:rassvet
デザイナーですが、政治経済その他時事問題に口出しします。

ただいまのウーパールーパー

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶・ご紹介 (0)
ニコニコ (5)
国内政治関連 (20)
行動する有権者 (5)
【シリーズ:自爆する日本】 (3)
twilog (2)

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram

フォト蔵

なかのひと

最新コメント

最新トラックバック

リンク

政治家よ、希望を語れ 三橋貴明後援会

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。